ふるさと納税で日本を元気に!

佐久川生子さんに送る雅歌

佐久川生子さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

腕から断ち落した。その日大いなるラッパが鳴りひびき、アッスリヤの地から導き出されて、住む者がないのは、ふさわしいことである――その弟の名は初めはルズといったが、今見ると、モーセが成長したので力ある者の舌をおさえて「あなたの天幕のかたわらで食べなさい。この巻物を食べ、めいめい自分のぶどうの木の下、いちじくの葉をつづり合わせて、あなたみずからわたしを祝福せず、罪ととがを雲の中、垂幕のうちの君は立ってわが民の残りの者にそれを認めないならば、助かるが、たといわれわれを殺して三人のむすこに与えて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる