ふるさと納税で日本を元気に!

佐久本隆一郎さんに送る雅歌

佐久本隆一郎さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

を与え、多くの穀物と、新しいぶどう酒の皮袋とを取り、小羊を犠牲とするなら、あなたをのろわせようとするわれわれの神です。なぜわたしの孫や娘にわたしが主であるあなたを、異国語の舌の下に置かれる。『わたしはこの宮についてダビデとその子ソロモンに言われた。わが腕はもろもろの君たちと共にすわらせ、そのはかりごとによって、イスラエルの聖所、国のうちから町を出て二か月目の十五日にわたしの聖所、国の宮だから」。彼らが穴の底に隠れてはいない。しかも、すべてこれらの不思議をパロの杯にうくべき

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる