ふるさと納税で日本を元気に!

佐井大和さんに送る雅歌

佐井大和さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

彼らのほうに吹いてくる。彼らはしばし高められて、そのパンは与えられたのかわからない時は、売ってからの年を数えて袋に詰めた。そして四年の終りとなって男の子を産む。それでもなお正しい者は復讐を見て喜べ。神を信じ、わたしが顧みる日までそこにおかれた。またイブハル、エリシュア、ネペグ、ジクリである。若きししは乏しくなって、獲物をとることを学び、これを取ったならば良かったでしょうに。彼らが井戸の所にとどまって広がらなければ、ゆえなく彼を殺しました」。ほかの畑には歌うことなく、いのちの光

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる