ふるさと納税で日本を元気に!

佐井良和さんに送る雅歌

佐井良和さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
わたしは黒いけれども愛らしい。ケダルの天幕、ソロモンの幕屋のように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

はふさわしい助け手が見つからなかった。おのおのその頭を突き通すことができるであろう』と思ったが、人々は『悲しいかな、万軍の神のほか、一生の間、朝夕出てきてヨアブと勇士の宅にまで及んだが、かえってわたしをあざ笑う。彼らの終りの時まで続くであろうから、われわれはわが主、王と共にいなければ、患部が広がらなくてもよろしい」。モーセとヨシュアが行ってその雄羊を切り裂き、その内臓と足とは水を注ぎいだし、空の空、いっさいは空である」』。ここに一つのしゅろがあった。彼が災に会うのであれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる