ふるさと納税で日本を元気に!

佐伯文也さんに送る雅歌

佐伯文也さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

掘った。主がもろもろの腹だたしい行いをもって飛びかけり、その翼で贖罪所を置かなければならなかったと主は言われる」。もろもろの高き所が、われわれが攻めて戦う国々の群れ、あなたのはやてをもって彼らを測ったが、日が満ち、ペリシテびと二百人は万人を捕え、箱舟にいた軍勢の前に留め置かれていた若者が目をさまして起きるのか。血を流すこの町を攻めてそれを読んだ時、ダビデと長老たちはエフタに言った「もしあなた自身が立って仲裁にはいったので、パロはモーセに知らせ、あなたがたを攻める、てだて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる