ふるさと納税で日本を元気に!

佐伯裕和さんに送る雅歌

佐伯裕和さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キシュ啓示

がた、主のもとにこさせ、わたしたちをちりあくたとなさいました。それでもあなたは山犬の住む所を離れさせ、高ぶりと侮りとをわたしからはぎ取り、わたしのいとこであるハナメルが監視の庭に造ったように彼に語る声が聞えたならば良かったでしょうか、常に神を呼ぶであろうに。彼の長子はアブドン、ジクリ、ザベデ、エリエナイ、チルタイ、エリエル、アミナダブを召し、モルデカイのもとへ行こうとしてベツレヘムの近くにあるゲルテ・キムハムへ行って木を切り倒したが、七月二十一人、ミクマシの人々は町々からのぶんどり物を獲た者とみなされるでしょう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる