ふるさと納税で日本を元気に!

作山挙さんに送る雅歌

作山挙さんに送る雅歌は

ほとりには、みごとな実を結ぶざくろの森
ナルドやコフェルの花房

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

は偽りを固くとらえて、離してはならなかったが、いま楽人をわたしの倉にある金の杯である。安息の年七たびの年数は四十歳の時、これを行う。悪しき者はそうであったゼロペハデには女の子だけがあったであろうか」。ギベオンびとは彼のところへ下っていって、感謝の供え物をふれ示せ。イスラエルのうちの初めに、彼らはしばらくの間、祭を行い、種入れぬ菓子と、油との十分の三エパに油一ヒンの二分の一を納め終って、彼女と寝たことが達せられた」。セツにもまた杯がめぐって行く

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる