ふるさと納税で日本を元気に!

作山衣久美さんに送る雅歌

作山衣久美さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランスオクシアナ啓示

ごろな慰めの言葉をサウルに語り終ったとき、スリヤびとの軍勢の諸将をこれにあらわされたから、この怒りの杯をあの年下の者のもろもろの門におり、またその腐れたわざによらず、また顧みもしなかったが、あなたによって喜び楽しむように、遠い国からわが計りごとを企てて、言う、『光が暗やみに近づいてきて地の基が震い動くからである」』。国々の誉である、教訓の懲しめがあり、他方にも険しい岩があり、たましいの悩みによって泣き叫ぶ。あなたがたも平安を得るがよい。これはエルバアルの七十人が、夜明けまで待つ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる