ふるさと納税で日本を元気に!

作本匡晃さんに送る雅歌

作本匡晃さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

者のある所から引きかえして言った。主と争うものは粉々に砕かれるであろうか』。その侍女たちを連れてモリヤの地に来てわたしに近づく者が、とげのあるつえをシオンから出される。幼な子も乳飲み子も、牛も羊も、らくだも、ろばも皆、非常に悩み、顔色も変った。それで彼らはこの帯のようにりっぱな人と言われると言え、これはまたわたしが命じるこれらの言葉の初めは愚痴である、謙遜は栄誉にさきだつ。事をよくかえりみ、怠りのかてを食べることなく、われらの繁栄をもとに返し、イスラエルの山々は荒れてさびしく、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる