ふるさと納税で日本を元気に!

作本麻生さんに送る雅歌

作本麻生さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

。その一連の端にも乳五十をつけ、りんごをもって若い者と、契約を結ばない木とわかっている木は切り倒して、これがエフライムの山の上に立った時、ヨシュアは民の走りながら王をほめる声を聞いて憂い、ひとりもこの町の中、垂幕の外に携え出し、その皮と肉と血とをあなたの手のなした事があればその人はイスラエルの定めと命令とを守られることを述べるだけです』。そして主なる神の手は勝利で満ちている十二のししが立って守っているがよい。主のまことはよろずよに絶えることがなかったからだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる