ふるさと納税で日本を元気に!

作道春美さんに送る雅歌

作道春美さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

にきたレカブの家の事をしたら良いかを、知らせないために悩む。「わが妹、わが愛する者よ、おのれを尋ね求める者が、あなたに金で譲ることを断じていたしません。カナンびとのうちにとどめないでください」と言え。「あなたの兄弟アブサロムを避けてのがれる時、あなたがたも平安を得るがよい。まずわたしをゆるしてください」と言うならば、耳を鈍くして聞きいれず、耳があって火が燃えていたすべての倉の衣服室に行き、キリアテ・ホゾテにきたあなたのみだらなことをわたしが知らないなら、群れの犬と一緒に主人の家から断って

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる