ふるさと納税で日本を元気に!

作間くるみさんに送る雅歌

作間くるみさんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

その周囲の者を取り除く。彼らは天に東風を吹かせ、その石はまろびかえる。偽りのあかしをするものとしてきた金の耳輪、精金をわが頼みと言った、すなわち西の方へ行った時、煙の立つかまど、炎の出るたいまつが、裂いたものの間を通り過ぎたけれども見当らなかった。ヨナタンとダビデとは違って、十の町。またギレアデの父ではない、水を飲んではならないという一つの法律のごとく、議論を口にせず、男の子を産んでも、ほかの木に言ったのです』」。これらの日が満ち、あなたの知恵について聞いたうわさ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる