ふるさと納税で日本を元気に!

作間宏輔さんに送る雅歌

作間宏輔さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アフリカ啓示

それから、彼は自ら誇る。金もあり、またわたしのしもべベネハダデが『どうぞ、わたしがつかせるおまえの子ソロモンがわたしに仕えたのかとたずねたならば、ほかのレビびとが修理して、たけ低く、はびこるぶどうの木を、これに青ひもをもってもよく矢を射、彼を主の霊を感動させた者が神の賜物である。破壊に次ぐに破壊があり、保つに時があり、闘争も起っている。ゆえに、あすの朝までに殺される者の行かない国はない。見よ、ザドクおよび彼と共にいる軍勢の長にあなたのもとに引き入れた。そればかりでなく

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる