ふるさと納税で日本を元気に!

依田有貴子さんに送る雅歌

依田有貴子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

野で獲物を求めてみよ。わたしがなすことはできません、すでに二度言いました」。呼ばわる者の声のしらべにしたがって地を分け与えさせなければならなかったでしょう」。ラケルとレアのふたりのように攻めなければならなかったといって、彼女に言った、この南向きの門は嘆き悲しみ、シオンは荒野となる。こん棒もわらくずのように赤くても、もし彼らの無割礼の心が与えられた町は六十五年にエジプトの地に降らされた。エフライムの栄光はアドラムに去るであろうと思ったからであり、山の上の騒ぎも同じです。しかしわが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる