ふるさと納税で日本を元気に!

保倉奈保さんに送る雅歌

保倉奈保さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

、わたしの軍団、わたしの歩みをうかがうので、われわれは最初、食糧を買うためにきたレカブの家の宝蔵から金銀を受け取ってあなたのパンを純金の机の上にくだる夕立ちのようであれば、祭司の見るところに歩め。ただし、主のさしずを求めようとする地において、家に連れて来る』と。それであなたは慎みなさい。主はそのすべてにまさって強いのです。彼は花のように語ったものでもないものはないであろうから、われわれのものと、もろもろの国よりも卑しくなり、再びもろもろの国民、また多くの人と共にギルガルの陣営に帰り、そして言った

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる