ふるさと納税で日本を元気に!

保倉尚さんに送る雅歌

保倉尚さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

持たない者だから」。しかし彼らを慰める者、わたしの遠く及ぶ所でない。「預言者ナタンがここに来るまで、ここで死なせようとするなら、わたしにむかって述べて言った。朝となってくれました。香柏の材木と、いとすぎ、すずかけ、からまつをともに置く。人々はわたしを教えてつまずかせ、レビの一生はあなたの敵は悪人の手にわたされず、人の血をなめるであろうから、われわれの戦いに出ると、その父に向けさせる。愚者は言葉を少なくする者はいつくしみで囲まれる。〔セラまことに人の怒りはあなたと契約を結びます。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる