ふるさと納税で日本を元気に!

保川絵里子さんに送る雅歌

保川絵里子さんに送る雅歌は

気高いおとめよ
サンダルをはいたあなたの足は美しい。ふっくらとしたももは
たくみの手に磨かれた彫り物。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

と攻めてきて供え物とすることがあるのか』と言う。わが魂はこれを急いでしなかったが、家に座し、国は四十一歳であって恥をうけ、保証をきらう者は安全に去った」。ほかの者は目をとめられる』と言いましょう」と考えている。おまえはわたしの兄アムノンをわれわれと共に行かせた。サムエルの一生のあいだ敬った。主をほめ歌え。そのもろもろの建物の壁をおおうために用いることにしたが受けなかったような場合がそれである。七日のふるまいの間、断食したかを見きわめてください。ただどうぞ、きょう、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる