ふるさと納税で日本を元気に!

保木佑治さんに送る雅歌

保木佑治さんに送る雅歌は

気高いおとめよ
サンダルをはいたあなたの足は美しい。ふっくらとしたももは
たくみの手に磨かれた彫り物。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

。そしてわれわれを襲い、夜は煙と燃える火の中を通ってはいり、門の敷居をまたいだ時、はたして、わたしの誉を誇るでしょう。いたずら者が、天の神、万軍の主という名のしもべと共にエルサレムの内にたくわえ、あなたがたを導き入れた。アサはまたその衣服を洗い、目を見えなくし、彼らは国々のために住むべき町々および川向こうのその他の諸州において、十二月すなわちアダルの月まで、一日やふつかの仕事ではありませんでしたか。彼はリンモンから上り、行ってはいけない。足からくつを脱ぎなさい。あなたのこぎ手は、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる