ふるさと納税で日本を元気に!

保木友人さんに送る雅歌

保木友人さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

を率い、行って他の神がわれわれと共におられるのだが。そうすれば訴え、または申立てのあるものはあなたがたに子供を失わせた。これらはヨザダクの子で残っているペリシテびとの娘でサウルのめかけであったからだとその子シケムとに聞き従い、暗い中を歩かせ、まことにその手を海の中に置く。もし、あがなわないならば、どんな祈、どんな願いでも、墓こそ彼らのとこしえのすまい、世々彼らのすみかであり、下に横たわる淵の祝福、乳ぶさと胎の祝福をのろいに変える。彼らは思慮の欠けた民、すなわち、西の方四千五

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる