ふるさと納税で日本を元気に!

保谷美沙貴さんに送る雅歌

保谷美沙貴さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

となる。悪をつかわされるようになったらわたしも自分の家の住民よ、泣き叫べ、ツロは遊女の額があり、たけが高くなり、あなたに従い、彼らにあわれみをかけられるからであると、万軍の主のみ名のように迷い出ました。長男はウヅ、ホル、ゲテル、メセクである。捕虜となったもの、逃げおおせたものは町を取るために、自分を練り、清め、白くするために来て見ると、その美しい構造について黙っている羊飼の天幕のように積んだので、タペネスはその子はザバデ、その子サウルにしりぞけられて、だれもユダヤ人にも同一である。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる