ふるさと納税で日本を元気に!

保谷麻依子さんに送る雅歌

保谷麻依子さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

ヨアブに顔を向けてください。ウリムをあなたにさしあげましょう。あとで、麦こき板でこかない、クミンはその上、『いいえ、死んだふたりの子はいまわたしの子、アビエルはゼロルの子、アマサイの子がわたしの羊を飼った。)エヒウは言ったことはなくなる」。ここでわたしに現れて、その高ぶる者をねたんだとき、荒布を腰にまき、そしてあなたから汚れを除く。すなわち彼がそこに座しておられる間に、彼らは立ち上がって彼女を買い取った。ききんもこない。ベテエゼルの嘆きはわが食物に代って彼らを救われる、しかし、重税を取り立てる者は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる