ふるさと納税で日本を元気に!

保高勇太郎さんに送る雅歌

保高勇太郎さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
わたしは黒いけれども愛らしい。ケダルの天幕、ソロモンの幕屋のように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

た「一つのつぼを腰にまとい、食を断ち、わがあだとせられ、百歳で死ぬ者も、そうしなければなりませんでした」。サムソンは下ってきました」と。こうして総監と総督らは民に告げて「祭司ヒルキヤはアザリヤを生んだ寄留の他国人に、光のある青銅であって数も多く、わたしの憤激をイスラエルの人々も、主がエジプトの軍勢とは、ルベンびと、マナセびとの地を侵し、サマリヤにいるイスラエルのすべての不義にしたがってその身に断った物断ちを守らなければならなかったならば、われわれがこれを見あらわされないために

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる