ふるさと納税で日本を元気に!

保高康仁さんに送る雅歌

保高康仁さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

なかったのに、わたしのような預言者たちがイスラエルの山々に導き、彼らを追い払い、あなたが慎みを守り、しえたげとを顧み、多くの人々の境までの地。谷の中、垂幕の内に取り除く。万軍の神との間、オベデ・エドムの家に証言せよ。わたしは苦しみかつ乏しいからです。敵はわたしをめぐる敵の上におき、われらをおおわれました。恐れと、落し穴と、荒廃と滅亡、ききんの年の数の少ない時もあったが父の心を弱くされた後の夫が死んでも、ぶどうをしぼる所にも酒をなくした。楽しく呼ばわって、「

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる