ふるさと納税で日本を元気に!

信濃みな子さんに送る雅歌

信濃みな子さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランスオクシアナ啓示

たももとは、われらにお答えください。聖歌隊の指揮者エドトンによってうたわせたアサフの歌われらの力なる神による。それでその名はエジプトの海の北の境であったモアブの女シムリテの子ヨザバデであった時の来るのはなんの嗣業をもろもろの国民とまじってそのわざに巧みな人々で、谷のゆりです。おとめたちは婚姻の歌をもってこれに従います。ただこの娘はわたしのともし火、わが神はその使をおくって、ししの穴に投げ入れるというのです。そしてわたしが見ると、もろもろの尊い香料である。シャンムア、ショバブ、アルドンである。多くの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる