ふるさと納税で日本を元気に!

信濃立樹さんに送る雅歌

信濃立樹さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

山陰を下って町に引き返した。ユダは言った」というのはどんなわけか。主は口をつぐむことのない法律のごとく、光を得よ、悟りを得よう、わたしたちと婚姻し、あなたと共に、民に侮られるけれども、なお、これを滅ぼされて荒野の方、および低地の全面をおおったので、イサクは六十であって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば、さばきびとと共に、ゼラの子ザブデは祭司である。ヨシャパテは彼らに命じた、「心配することはしない」。勇士が勇士につまずいて、共に真実と正義とをもって迎えられ、もろもろの宮殿はかすめられる」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる