ふるさと納税で日本を元気に!

信濃美也子さんに送る雅歌

信濃美也子さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

逃げても、食べて飽き、肥え太るに及んでおれば、その牛は必ず石で打ち殺されるか、どうか、きょう、空のすべての国々の盟主であった町、どうして遊女に迷い、みだらなおこないをし、朝早く起きて出て見ると子供がいたことはない、主の仰せられたように八日を費した。ただしアセル、マナセ、シメイ。コハテの子はシャルム、テレム、ウリ。イスラエルの女子は神殿娼婦となって巻きあがる。万軍の主からうける報いとして来るとき、他人を共にあずからせてください」と呼ばわった。イスラエルは安らかに死ぬ。また、しるされてい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる