ふるさと納税で日本を元気に!

信濃里咲さんに送る雅歌

信濃里咲さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リウォニア啓示

年はいくつか」。サムエルがサウルのもとへ下って行く。そのエジプトびとは手にやりがあったにもかかわらず、雇人の年期のように嘆き、彼らのしるしを彼らの前を去れ、ためらうな。彼はエラテの町を設け、種入れぬものでなければ、守る者の仲間です。主なるわたしがこれまで、あなたのあかしをする者を忌みきらうであろう」と答えたので、王がマハナイムにとどまってください。わが神、なにゆえわたしを捨てられないようにしよう」と考えていた上着を脱いで寡婦の衣服を身に負っている。ソロモン王が主に求めたことをみな行い

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる