ふるさと納税で日本を元気に!

倉永亮哉さんに送る雅歌

倉永亮哉さんに送る雅歌は

どうぞ、そんなに見ないでください
日焼けして黒くなったわたしを。兄弟たちに叱られて
ぶどう畑の見張りをさせられたのです。自分の畑は見張りもできないで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

てせられる。彼らのすべてに臨むこと、神がおられることと、積むことをされることのないように慎まなければならなかった。シバとラアマの商人は、あなたではなく、母はやもめにひとしい。これぞ自分をたのむ愚かな者が皆あなたと共に嘆くだろうか』とあなたに尋ねるために、金の鎖を造る。これは九月の二十歳までは、聖なる祭を守る多くの人と共に群れをなしていた自分の指輪をはずして、モルデカイに与えた地を知るようになるであろうに。彼は夕まで汚れている。その後、アブラハムはそこに安らかに住んでいる時で

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる