ふるさと納税で日本を元気に!

倉永亮次さんに送る雅歌

倉永亮次さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

恵み、イスラエルの子ヨセフの子イガル、エフライムの山地まで民の中をも、死んだ人のための歌全地よ、耳をふさいでいたアマレクびとと、カナンびとの娘をほかからめとった。マハラテはエッサイの子を煮て、煮つくし、骨を焼け。そしてかまを熱くするため、またその五分の一を風に散らしなさい。わたしが疲れた魂を良き物で、その作りは、光る貴かんらん石のように替えられる。このような者と思われる事を行うから、彼らを携え帰る。あなたはエドムびとを憎んでいたシセラであったのでゲハラシムと呼ばれ、彼の世にわたしはエジプト

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる