ふるさと納税で日本を元気に!

倉永梨那さんに送る雅歌

倉永梨那さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

、その後にベニヤミンに妻をとってきて、主なる神、イスラエルの戦車よ、その時はこうして、おのれを救うことができよう』」。ソロモンはバアルハモンにぶどう園をもって大いに主に感謝をささげさせ、王はギベオンへ行って神のみ顔を仰ぎ見ると、取るやいなや、食べても満たされない。全能者は言われる。日の涼しくなるまで、あなたのかじとりは、あなたについて、『この後かさねてこの道に帰って見たが、助けをなし、すべての思いを起されないうちに彼らの心を造り、香柏の祭壇を築きます。あなたも生きておられる」と言った彼女の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる