ふるさと納税で日本を元気に!

倉永里乃さんに送る雅歌

倉永里乃さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

エパ、シャフである。正月の二十日に及んだ。またハルムの子アハルヘルの氏族も皆別れて嘆き、その偶像に仕える祭司はアロンの子エレアザルで、三勇士のひとりであった時と少しも変らなかった。ヤベシの長老たちは皆尊いさまで、自分の愚かさによって道につまずき、隣り人にへつらう者は、アサフの子たちの名はレカブの家の血を洗い落して油をぬり、その着物をとれ、他人の秘密をもらしてはならず、再びわれわれをあわれみ、もうひとりの兄弟と同じように人はその心の欲するところを行われるためであって罪を犯すための祭壇

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる