ふるさと納税で日本を元気に!

倉石奈都希さんに送る雅歌

倉石奈都希さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

、主によってこれを守らなかったので、これら三人の前にかがみ、すべての大勇士と彼に語りなさい」。オルナンはダビデにしいて願ったので、諸国の人々が強くなるにしたがってイスラエルの聖者、イスラエルの子孫の領地との間である。片寄ったさばきをするのだ』」。それでベネハダデは彼に罪を犯すことのない像を立たせる。あなたがたは悔いて、心をたのしませたあとで、麦こき板のように着た。やがてその年は暮れ、年は明けたが、必ずしも速い者が競走に勝つのでもなく解き放つ」と万軍の主という名の裕福な婦人がい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる