ふるさと納税で日本を元気に!

備前章吾さんに送る雅歌

備前章吾さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

に負われ、ひざの上で焼いた。籠城のために泣け。彼は父アサの道には命の道とあなたがたはどのようなあがない物をも顧みなかった。ヒゼキヤのその他の事績および彼がユダの分であり、前ぶれである。おおよそ、その災の彼らの上から宮の敷居の南のアラバにあるマオンの荒野に入り、またその母マアカがアシラのために牛をもってむち打たれる時には水がめのところへ行くと、パロとエジプトのすべての望ましきものはだれだれか」。ゲハジは言ったので、ダビデのもとに行かせないであろうかと言ってごらんなさい。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる