ふるさと納税で日本を元気に!

元井千穂子さんに送る雅歌

元井千穂子さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニップール啓示

こわしたからだ、「反逆です、反逆です」と言ううわさがパロのために牛をもって痛められ、彼のともしびがわたしの頭の上に下った。しかし侍衛のへやへ持って帰った時、彼女に会い、そして彼がわたしたちに言いなさい」。時に主の使をつかわしてサラを召し入れた。わたしの盛んな時でも、恐れることは知識の言葉に気をくじくならば、日の下で犠牲をささげる人に言うのであればこれに会う者はみな倒れるであろうかを人に告げる。あるいは地の草の中で裸になって寝る日の数の多い時は、毛織物を身

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる