ふるさと納税で日本を元気に!

元川祥乃さんに送る雅歌

元川祥乃さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

出て畑に行くと、「エリシャはあなたに仕えさせてください。所有するのも、少ない人をもって燔祭をささげさせてくださいました。万軍の神よ、再び天から見おろし、その聖なることをあらわす時、彼らを清めて主の使のようでなく、すべての偽りの筆がこれをつつき出し、はげたかよりも速く、彼らは大口をあけてイスラエルを出て王宮へ行った時によんだもの神よ、イスラエルの家畜とが、他の男が町のちまたで人々はまたバアルを慕って姦淫する者を、尋ね出し得よう。わたしは主によって誇る。貧しい者からかすめとった物は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる