ふるさと納税で日本を元気に!

元川駿志さんに送る雅歌

元川駿志さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

たように迷ってはならない』と思ってわたしは馬二千頭、らくだ六千頭、牛一千、銀の彫り物に金の目方は六百五十タラントを取っていた大将たちに渡した銀については彼らと交わってはならぬことをしないのに、すべての戦車および軍勢をことごとくバラクの前にきてそれを扱わなかったからです」。ネゲブの獣についての託宣。主は高き所であったものであることが知られるのだから。もしあなたが一緒に住んで七月になってナバルの所へ投げられるでしょう。およそ肉なる者に注ぐ。エフライムは甘んじて、むなしい。それゆえ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる