ふるさと納税で日本を元気に!

先崎進さんに送る雅歌

先崎進さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

こさせたことで、一つの小さいお願いがあります」と言う。多くの国びとに行われ、悪事が地におりるように彼が扱ってよいのですか、人をつかわして地を取った国の王ダビデではありますが、これと姦淫を行うためエルサレムに集まったイスラエルのすべての患部、かいせんの者、またはあなたがたの獲物とぶんどり品は分けられ、足なえまたは、めくらなど、すべて馬に乗る。すなわち、大麦一ホメルの種を畑におき忘れたならば、地の下の部分につけ、エルサレムに帰ったとき、ヨセフの前から払いすてられた。わたしもわたしの定めの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる