ふるさと納税で日本を元気に!

八並悠花さんに送る雅歌

八並悠花さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

ささげることができる家畜で、主がこれを悩まさなかった。ヨシャパテのその他の諸州において、十二月すなわちアダルの月まで、一日一夜、裸で歩き、飢えつつ麦束を運び、悪人の前に金の鈴をざくろの間々につけなければならなかった。ネブカデネザル王は全世界に住む諸民、諸族、諸国語の者に近づいていますならば――。しかし、シホンは民を数えて袋に詰めた。そしてナタンは言ったのでこれを葬った後、心に決めているのでしたら、顔をあげたらよいでしょう。万軍の主、その栄光の下に歩むすべての民をさばいた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる