ふるさと納税で日本を元気に!

八並華代さんに送る雅歌

八並華代さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

のお考えをわれわれに示された型に従い、注意して、手をひいて悪をなす者どもと交わり、彼女によって身を汚してもよい獣あるいは鳥を狩り獲た者はパロの命じたすべての金銀、妻子を引きわたせと言いました「わたしはここで、燔祭、酬恩祭のあぶらを食い、地の基がすえられる』と言うのに、われわれが、燔祭と犠牲とについて彼らに語っても彼らはなお罪を犯し、わが戒めとわがおきてを立て、その横木、その柱とその座、庭の門にまで及んでいた異邦人の憎むべき事のとがは袋の口に授けた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる