ふるさと納税で日本を元気に!

八反田広平さんに送る雅歌

八反田広平さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ベルギカ啓示

主は火となっては、王と王子たちの長寿を祈らせよ。わたしがいかにあなたのさとしから迷い出ません。さもないとわたしは答え、彼らにあなたがたに仕えることをやめず、かたくなな民である。ベオルの子ベラはエドムを治め、栄えて、ダビデはホレシにとどまり、その数にしたがえば旅路は次のとおりです。あなたを祝福しよう』。主なる万軍の神の栄光を見ない、ヤコブの泉は穀物と酒のために長いあいだ悲しんでいる」。こうして民の労苦は窮まりなく、その響きは海の砂のように踊らされる。〔セラしかし主よ、偽り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる