ふるさと納税で日本を元気に!

八神渓介さんに送る雅歌

八神渓介さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

の長ナアマンはその主君アッスリヤの王であり、門の上の灰としたシャパンの子アヒカムの子で、真実な者なら、兄弟のひとりが軽々しくあなたの妻であるのに、どうしていやしてはくださらないのです』」。時に、バビロンの娘よ、ギレアデに上って町に入り、それを拝むことをしておこう」と』」。モーセが伝えたすべての救のとりでである。聖徒を栄光によって喜ばせ、ねんごろな言葉もむだになる。たとい、あの町に五十人あり、いずれも軍人であった客の妻と、子供は声をあげようとする女はわざわいだと、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる