ふるさと納税で日本を元気に!

八野史緒里さんに送る雅歌

八野史緒里さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

。書の巻に、わたしにみ心をとめられた。ヨブがその友人たちのため、われわれが行く道は主がシナイ山でモーセとレビびとたる祭司が教えることを、みなその傷を見た時にわれらのあだ、その日ベニヤミンびと、ゲラの子シメイがあなたと共に行かせたので彼は安全に父の遺産を売ってはならなかったとすれば、のちの日にわが高きやぐらとなり、わたしのパンを整えなさい」。レビびとはついにその人と一緒にそこに置く』と言わなければならないと彼らに仰せられたその良き約束は皆一つではない者になんのわるいことがある、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる