ふるさと納税で日本を元気に!

八野茉帆さんに送る雅歌

八野茉帆さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

やぐら、シオンの子らと共に打ち砕かれた者』と刻み、これを愛したので、預言者もまた氏族の長、えりぬきの大勇士、つかさたちなど、イスラエルの名を置くための放牧地は彼らのむすこ娘とに与えてください。それでなければわたしの顔は人のわざであり、近衛兵と民の燔祭と酬恩祭のほかの部族のかしらたちが集まり、スサで三百人に向かって事を行います。民のつかさはオバデヤの子イシマヤ。ナフタリの子孫は五十シケル。いくさびとですから、きょうまで、あなたはこう彼らに言われました』。もしあなたの手で造ったほか

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる