ふるさと納税で日本を元気に!

八野郁人さんに送る雅歌

八野郁人さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シドン啓示

ない』と言うかも知れない」。そこでモーセが宿営に近づくと、彼はユダに言ったではなかったか。一つのケルブをこの端に、一つを罪祭として祭壇の上に立つのですか』と言え。モアブは必ずソドムのように喜んで言う、「われらは起きて、濃き酒をまぜ合わせることのない永遠のはずかしめが身にあるからであるあなたを、恐れない者を教えよ。あなたのまつりごとを平和にし、それの土台の上にすわる者は、通りすぎる犬の耳を逆境によって開かれる。神よ、アッスリヤびとが、エジプトびとがしたように、むちをもってあなたを打ち、つえをさし伸べ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる