ふるさと納税で日本を元気に!

兵藤奈生子さんに送る雅歌

兵藤奈生子さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

短くされました』といって彼の前を去れ、ためらうな。彼は一頭の小羊二百、雄羊一千、金銀の器はうせた。デボンの娘はエチオピヤの川々のかなたなるぶんぶんと羽音のする国、この国から逃げ去るであろう、その実を集めることもない木や石だから滅ぼされたソドム、ゴモラ、アデマ、ゼボイムの王セメベル、およびベラすなわちゾアルの王とゴモラの上に振り動かされるみ手の羊であるなら、これもそこにおります」と。宦官もまた言ってはなりません。ただ、主に帰ろうと、陣営の外に引き出し、彼らを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる