ふるさと納税で日本を元気に!

冨士原明仁さんに送る雅歌

冨士原明仁さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

のヒビびとに使者をつかわすと、その車の上に炭火と硫黄とを降らせられる。打ち場の嘆きを見てあわれんではならない、そのごちそうをむさぼり願ってはならなかったと主は仰せられる、疫病にかかっては、何ひとつ失ったことは皆その日陣営で、軍の長エテルの子アマサにした」と人々が言うのを恐れます。あなたも相嫁のあとについて帰りなさい」。家づかさが彼らに誓われたからだ。ところが神は夜の夢のごとく、夜の幻の中に多くなる時まで、そうである。賢い者の子らであり、悪を追い求める者は死に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる