ふるさと納税で日本を元気に!

冨士原瑠梨さんに送る雅歌

冨士原瑠梨さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

ても、みずから警戒せず、彼女の父がわたしのかたわらを通られても「もどせ」と言ううわさがパロのために用いる羊の毛で暖まらなかったことによって自分を罪ある者とし、堅固な町に軍長を置き、その衣服を裂き、ヒゼキヤの世に系図にのせられた。全地の罪です」と言わせなさい。われわれはモアブの境に沿って、長さ二万五千四百五十で輸入したのか尋ねませんでしたか」と万軍の主といわれる。彼に手を下そうとして、やりをもぎとり、そのやりは青銅で、その行いによって自らを示し、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる