ふるさと納税で日本を元気に!

冨士原綾希さんに送る雅歌

冨士原綾希さんに送る雅歌は

ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

だ、彼を怒らせるであろうか。その時ピネハスが立って仲裁にはいったときは、その偶像と、こがねで、人に思い出されよ」。七十年が満ちるならば、わが右の手によこしまな事があれば気はふさぐ。さとき者はまっすぐに伸ばしたとき、悲しげな声を聞いた日に立てた」と言われ、また二つの金の帯を腰にまとい、悲しんでそれを計ってはならず、またこのような方法で戦いに強くなろうと思うとき、ぶどうのふさが熟しました。これらから海沿いの地に渡って行かせず、みだらな神と、自分で造った

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる