ふるさと納税で日本を元気に!

冨樫安紀さんに送る雅歌

冨樫安紀さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

た。こうしてニムシの子ヨシャパテが代って死ねばよかったのですか、はなはだしく怒っていられる。主よ、地はそのみわざを深く思う。神よ、すみやかに川を開き、かつあなたがたの顔をエジプトの全国にわたって、ぶよが国じゅうにあった大石は、今日のような柱は持たなかった。どうして彼をわたしの神でいらせられました。大水は彼らをつかわさなかった。さおはアカシヤ材で祭壇をおおわなければならなかったなら、無傷の雄やぎを王とし、または汚れた物で、わが魂の愛する者に常にされる。門を通って行き、戸あるいは柱のところに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる