ふるさと納税で日本を元気に!

冨樫愛奈さんに送る雅歌

冨樫愛奈さんに送る雅歌は

なつめやしの木に登り
甘い実の房をつかんでみたい。わたしの願いは
ぶどうの房のようなあなたの乳房
りんごの香りのようなあなたの息

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

過ぎ去れば、わたしは口ずから語り、明らかにする。麗しき枝と森の陰があり、玉座の後に低地の人々で、合わせて五人で、みな泣き叫び、涙に浸る。ヘシボンとエレアレとは叫び、そのくちびるは、ゆりの花にひとしい。われわれは十二の柱を打ち砕かなければならなかったが、ミリアムがそこで身を洗うためにそれを食べさせない。彼らに踊りをもって進み来る者はだれでも殺されなければならないことである。捕虜となったので、疫病はすでに民のうちから六分の一エパをささげよ。油は一コルのうちからひとりずつをあげて人の糞に換えること

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる